FC2ブログ

水昇火降(すいしょうかこう)の原理

トレーニングの核になっている2つ目の原理です。

水昇火降(すいしょうかこう)の原理と言います。

水のエネルギーは上に昇り、

火のエネルギーは下に降りるという意味です。

水のエネルギー? 火のエネルギー? 

不思議に思うかもしれません。

私たちの体には、365のツボがあり、

12の経絡(エネルギーが流れる道)があります。

1年365日、1年は12ヶ月。

私たちの体は、そのまま自然と同じであることがわかります。

ですから、私たちの体の中には、自然界と同じ水と火があります。

体の中の水分を調節しているのが腎臓ですね。

腎臓の機能が弱くなると、すぐにむくむでしょう?

水のエネルギーは腎臓にあります。

体の中心の下丹田が温かくなると腎臓が温められ、

水のエネルギーが背中の中心(督脈)を通って上に昇っていきます。

水のエネルギーは冷たいので、頭が冷やされスッキリします。

頭まで昇ったエネルギーは、顔を通って任脈に流れ込み、

今度は、心臓で温められます。

温かい火のエネルギーは下腹部に集まる。

気功の用語では上虚火実(じょうきょかじつ)の状態。

日本では、頭寒足熱と言われる状態。

自然な体の状態です。

丹田のエネルギーが、督脈・任脈を自然に循環するのが小周天
(気通周天)。

エネルギーを自家発電できる健康体。

つまり、私たちの体の中のエネルギーが、

自然界と同じように流れているときが健康であるということです。

でも、現代社会は情報社会です。

頭(脳)を使ってばかりいるので、

体の血液やエネルギーは脳に集中していること、

そしてストレスで胸のツボ(だん中)がつまっていて、

気運がお腹まで降りず、常にイライラ、精神が休まることがありません。

体の中心である丹田を鍛えると、体の中のエネルギー循環が改善されます。

イルチブレインヨガのトレーニングの1つ1つが、

体を水昇火降にする効果があります。

ですから、トレーニングの効果が早くでるのが特徴です。

関連記事
スポンサーサイト



会員さんの体験談

2週間で身長が3cm伸びました! 5年間の分かち合い

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

brainyogazeze

Author:brainyogazeze
イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
(京阪膳所本町駅 徒歩1分)
TEL 077-524-9050

♪ レッスン時間 ♪
(火) 10:00/14:00/19:00
(水) 10:00
(木) 10:00/   /19:00
(金) 10:00/14:00/19:00
(土) 10:00/14:00
(日) 10:00

定休日 月曜日・祝日

HPはこちら

twitterはこちら

P 1台あり

最新記事

カテゴリ

リンク

ご来店ありがとうございます☆