FC2ブログ

緊張と弛緩のシステム

体の内の声、

生命の声を聴けるようになる方法があります。

今日は、そのお話です。

体験に来られた方に、「肩の力を抜いて下さい」と声をかけた時、

肩に力が入っていることに気づかない方が多いです。

肩に力が入っているというのは、無意識に緊張していること。

普段から緊張状態が続いていると、緊張していることさえわからなくなります。

それで、トレーニングのブレイン体操の時間では、

思いっきり体を最大限にストレッチさせて、一気に力を抜くことをしています。

そうすることによって、体の緊張と、筋肉の弛緩を体感できるようになります。

心身のリラックスが深まるだけでなく、

体の声を聴くことができるようになっていきます。

日常の中で、自分が緊張しているのを感じたら、

それは、「何か」から自分自身を守ろう、防衛しようとする生命の働きであること。

日常の中で、リラックスできている自分がいたなら、

生命がのびのびとしていること、その方向に進めばいいこと、

それを教えてくれています。

緊張と緊張がぶつかり合うと、そこには『対立』が生じ、

弛緩と弛緩の間からは、調和が生まれます。

だから、普段の言葉づかいはとても大切になります。

相手を責める言葉を自分が言ってしまうと、相手は自分の心を守るために防衛するしかありません。

自分がゆるんでいく言葉を使うと、相手は心を開いてくれます。

例えば・・・飲食の業界でよくあることです。

男性バイトさんに、プチトマトの仕込みをお願いしました。

「へたを取って横半分に切って、切った面を上にしてバットに並べて下さい」と。

そうしたら、バイトさんは違う並べ方をしました。

その時、「こうして下さいと言ったでしょう!!!」とキツク言われるのが普通です。

でも、自分が言ったことが相手に伝わらなかったことを自覚し、

こう言いました。

「あ、ごめんなさい。私の言い方が悪かったんです。実は、こうして欲しかったんです」と。

*************************

イルチブレインヨガのトレーニングの効果の中に、

『円満な人間関係』というのがあります。

実際、それはどういうことかを今、お話したのですが、

それは、自分をゆるすことが出来ること、

相手の失敗をゆるせるようになること、

人を必要以上に怖がらないようになっていくこと、

必要な時に、人を助けてあげられること、

やさしい言葉づかいができるようになること。

人から感謝されることが多くなること。

また、丹田力がついてくると、心の芯も強くなります。

繊細さとしなやかさを同時に持つような感じでしょうか。

それには、まず自分の体の声を聴くところから始まります。

私の体は、今、自分に何を語ってくれているでしょうか?

体験レッスンで、体の声を聴いてみませんか?

体験レッスンは随時、受付中です。

お気軽にお電話下さい。

なお、レッスン中は留守番電話になっております。

折り返しご連絡させて頂きます。

よろしくお願いします。

イルチブレンヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
TEL 077-524-9050


お電話お待ちしています。
スポンサーサイト

会員さんの体験談

2週間で身長が3cm伸びました!

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

brainyogazeze

Author:brainyogazeze
イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
(京阪膳所本町駅 徒歩1分)
TEL 077-524-9050

♪ レッスン時間 ♪
(火) 10:00/14:00/19:00
(水) 10:00
(木) 10:00/   /19:00
(金) 10:00/14:00/19:00
(土) 10:00/14:00
(日) 10:00/14:00

定休日 月曜日・祝日

✉ brainyogazeze@yahoo.co.jp
HPはこちら

P 1台あり

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QR