スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のカラダと仲良しになりましょう♪

イルチブレインヨガのトレーニングは、「感じる」トレーニングです。

現代人は「感じる」能力が衰えています。

時々、「先生、腰が痛いんですけど、これは冷やした方がいいですか? 

温めた方がいいですか?」と聞かれることがあります。

自分の体なのに、冷やしが方がいいのか温めた方がいいのかわからない!

これって不自然ではないでしょうか?

「感じる力」を取り戻した時、自然にそれがわかるようになります。

このお腹の痛みは病院へ行かなければいけない痛みなのか、

温かくして休んでいたら良くなるものなのかが、自分で見当がつくようになります。

「感じる力」は、それだけに留まりません。

自分のカラダを感じてあげる、ココロを感じてあげる、

呼吸を感じてあげる。

それが、私自身を愛することです。

自分を愛せるようになると、他人に対しての思いやりも深くなり、

人の気持ちを察してあげることも出来るようになります。

いいことがたくさん。

イルチブレインヨガのトレーニングはとっても簡単です。

さぁ、あなたも今日から自分を愛してあげる日々を送ってみましょう!

体験は随時受付中です!

お電話お待ちしています♪



スポンサーサイト

バタフライ効果

「バタフライ効果」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

気象学者のエドワード・ローレンツ氏が、1972年アメリカ科学振興協会で

行った講演会のタイトルだと言われています。

その内容は、

「ブラジルの1匹の蝶の羽ばたきはテキサスで竜巻を引き起こすか?」

という予測の可能性を説いたものとされています。
(参考 ウィキペデア-バタフライ効果

これを、自分自身に置き換えてみるとどうでしょうか?

今日、私がいつもと違う時間に出かけていたら?

いつもと違うルートで駅まで行っていたら?

全く異なった現在を迎えたはずですね。

今回は、私たち地球に住む一人一人が、健康で明るく元気になれば、

ナント!世界平和・地球平和が実現するという、バタフライ効果のお話です。




イルチブレインヨガのトレーニングは、体とともに脳が活性化するトレーニングです。

その一つに右脳トレーニングが入っています。

自分の脳を見ることはできませんが、頭蓋骨の中にはちゃんと右脳と左脳が

おさまっています。

私たちは左脳教育を受けてきたので、右脳の世界のことをほとんど知らずに

育ってきました。

左脳は考える脳であり、理性判断できる脳であり、言葉で表現する脳で

あり、「あなたと私は違う」と分別する脳でもあります。

常に左脳が優位で働いている時、無意識に周りの目が気になり、

自分がどのように思われているのかが気になり、体は周囲から

自分を守ろうとする防衛反応を出します。

これが緊張です。

緊張している時は交感神経が高まっていて、この状態が続くと

私たちはストレスを感じ、ストレス状態が続くと病気になります。

現代はストレス社会と言われていますが、それは偏った脳の使い方をしていることが原因です。

では、どのようにしたら病気がよくなり、私たちは心も体も健康態になれるのでしょうか。

その秘密が「右脳」にあります。

右脳は感じる脳です。

私たちは何かを感じているとき、心も体もリラックスしています。

例えば、森の中に散歩に行ったとしましょう。

日常から離れて、自然の中にいるとき、私たちは無意識に自然を感じています。

普段の緊張がいつの間にかなくなっていて、心も体もリラックスして

その時、周りの木々や植物、景色と自分との境がなくなって

いわゆる一体感を感じています。

右脳は、全てがひとつであることを感じることができる脳です。

リラックスしているから、生命は自分を何かから守ろうとする防衛反応を

出すことはありません。

この時、副交感神経が優位となり、私が私を治す自然治癒力が回復します。

心も体もゆったりしている時、私たちは誰かと喧嘩するでしょうか?

それはないでしょう。

誰か困っている人がいれば・・・助けるでしょう。

そのような人が世の中に増えれば、医療費の負担が軽減されるだけでなく、

お互いに助け合い、共存・共栄する社会が形成されていくに違いありません。

それが世界規模になったら?

「世界平和は一人一人の脳内平和である」と言われたのは、

文筆家であり気功家の津村喬氏ですが、

心と体が元気な時、私たちの脳は平和になります。

その秘密は、脳にあります。

一人一人が真の健康と心の平和を取り戻せたとき、世界が平和になる。

イルチブレインヨガのトレーニングの目的は、ここにあります。

私が元気になったら、周りが元気になって、地球も元気になる。

それって嬉しいことではないでしょうか。

あなたも、今日から、健康で楽しい毎日を過ごす1歩を踏み出してみませんか?



イルチブレインヨガの効果が高い理由

昔々、リフレクソロジーを体験した時に教わったことです。

優しい方ではなく、“痛い”方です。

その時、「痛みを感じる神経と治す神経は一緒なんだよ」と。

イルチブレンインヨガの効果が高い理由は、

呼吸 と 動作 と イメージ を合わせることにあります。

トレーニングをしていてツボが詰まっているところは、

重い感じ、だるい感じ、痛みを感じることがあります。

そのような感じが出たときは、体が自分を治す働きが出てきた時で、

その時、「痛い、痛い」に集中してしまうと、せっかく体が自分を治そうと

してくれているのに、逆にそれを弱めてしまいます。

その時こそ、「ああ、今、私の体がよくなっていこうとしているんだ」と

イメージしてあげることで、体がよくなっていこうとするの応援してあげます。

脳は、入ってきた情報通りの自分を実現しようとする働きがあります。

プラスの情報を入れてあげることで、同じトレーニングでも短時間で

倍の効果を得ることができます。

イルチブレインヨガの効果が高い理由です。

そして、トレーニングの原理は日常の中で使えるようにもなります。

それは、意識の切り替えです。

私たちは、何かが起こるとプラスよりもマイナスの意識の方がよく

働く傾向があります。

トレーニングを通して、マイナスをプラスに切り替える力がつき、

ゆっくりですが着実にプラス思考に変わることが出来ます。

あなたも是非、一度、体験してみてくださいね。


イルチブレインヨガの原理とは

イルチブレインヨガは、脳が持つ無限の可能性を引き出す
トレーニングです。

そのトレーニングの3大原理は、
「水昇火降の原理」「精充・気壮・神明の原理」「心気血精の原理」です。

その他にも、4番チャクラヒーリングプログラムの原理、
TAOの原理、さまざまな原理があります。

この原理は、引き寄せの法則に使える原理です。
でも、それは、車が欲しければ、車を引き寄せる原理ではありません。

車が欲しい人は、
どこのメーカーで、どんなモデルで、色は何色で、
どのような性能(機能)を持っているか
明確な希望があるはずです。

車が欲しいと、念力で車を引き寄せるのではなく、
自分が欲しいと願う車を所有できる自分になる、
そう、「自己実現」のための原理です。

だからこそ、イルチブレイニンヨガと出会ったなら、
この原理を自分に使って「なりたい自分になる」
そうなって頂けることを私たちトレーナーは切に願っています。



水昇火降(すいしょうかこう)の原理

トレーニングの核になっている2つ目の原理です。

水昇火降(すいしょうかこう)の原理と言います。

水のエネルギーは上に昇り、

火のエネルギーは下に降りるという意味です。

水のエネルギー? 火のエネルギー? 

不思議に思うかもしれません。

私たちの体には、365のツボがあり、

12の経絡(エネルギーが流れる道)があります。

1年365日、1年は12ヶ月。

私たちの体は、そのまま自然と同じであることがわかります。

ですから、私たちの体の中には、自然界と同じ水と火があります。

体の中の水分を調節しているのが腎臓ですね。

腎臓の機能が弱くなると、すぐにむくむでしょう?

水のエネルギーは腎臓にあります。

体の中心の下丹田が温かくなると腎臓が温められ、

水のエネルギーが背中の中心(督脈)を通って上に昇っていきます。

水のエネルギーは冷たいので、頭が冷やされスッキリします。

頭まで昇ったエネルギーは、顔を通って任脈に流れ込み、

今度は、心臓で温められます。

温かい火のエネルギーは下腹部に集まる。

気功の用語では上虚火実(じょうきょかじつ)の状態。

日本では、頭寒足熱と言われる状態。

自然な体の状態です。

丹田のエネルギーが、督脈・任脈を自然に循環するのが小周天
(気通周天)。

エネルギーを自家発電できる健康体。

つまり、私たちの体の中のエネルギーが、

自然界と同じように流れているときが健康であるということです。

でも、現代社会は情報社会です。

頭(脳)を使ってばかりいるので、

体の血液やエネルギーは脳に集中していること、

そしてストレスで胸のツボ(だん中)がつまっていて、

気運がお腹まで降りず、常にイライラ、精神が休まることがありません。

体の中心である丹田を鍛えると、体の中のエネルギー循環が改善されます。

イルチブレインヨガのトレーニングの1つ1つが、

体を水昇火降にする効果があります。

ですから、トレーニングの効果が早くでるのが特徴です。

脳のベスト5

イルチブレインヨガのトレーニングの核になっている原理のお話です。

私たちは、『脳』が自分だと思っていませんか?

『脳』が私ではありません。

『私』は、『意識』であり、『意識(=私)』が脳を使っています。

私たちは、これまでの人生の中でさまざまな経験を積んできました。

その全てが『情報(記憶)』として、脳の中にしまいこまれています。

長期記憶として保存された情報は、無意識の情報となり、

これらの情報を元に、今の『私』が作られています。

生活習慣、思考習慣、行動習慣など・・・。

習慣によって、体が作られています。

不摂生をする習慣を持っていたら、病気になりますよね。

健康になりたい、幸せになりたい。

人類共通の願いです。

今、自分が健康ではないと思っていて、

幸せではないと思っているとしたら、

どんな情報がそのように思わせているのか・・・。

どんな情報を脳の中に入れてしまったのか、点検してみることが大事です。

車の車検と同じですね。

車検の後は、車は快適に、安心して運転できます。

自分の思うように・・・。

私たちの『脳』も同じです。

自分の体や心に悪影響を及ぼしている情報を見つけ、

キレイにしてあげると、

考え方や、性格が変わり、体も元気になり、生き方さえ変わります。

どのようにそれを成し遂げるのでしょうか。

それには5つの段階があります。


① 脳の感覚を目覚めさせる段階
トレーニングで体を動かすと、体の感覚が目覚めます。
同時に脳の感覚も目覚めます。


② 脳を柔軟にする段階
体をほぐして体が柔軟になると、脳がリラックスし、
脳も柔軟になります。


③ 否定的な情報を浄化する段階
脳がリラックスし柔軟になると、これまでの記憶(情報)を
第3者の目で眺めることが出来るようになります。
このとき、浄化が起こります。
苦しみが感謝に、闇が光に変わる瞬間です。


④ 脳を統合する段階
否定的な記憶(情報)が浄化されると、自分の存在価値を取り戻します。
この時、脳の3層構造(理性の脳、感情の脳、本能の脳)が
1つに統合され、私の願い(目的)を実現する決意をします。


⑤ 脳の主となる段階
脳統合されると、自分の願いが脳幹という無意識に刻み込まれます。
無意識に刻み込まれた情報が、そのまま現実化していきます。
自分の願いを叶えるために、その行動を自然に取るようになり、
最終的には、本当に自分の願いを叶えることが出来ます。


脳の5段階を数限りなく繰り返していくことで、
私たちは、否定的な記憶(情報)だけでなく、エゴ(自我)がなくなり、
そこには、強い精神だけが残るようになります。

この精神が、宇宙の秩序、宇宙のリズム、宇宙の法則
と呼ばれているものです。

そしてこれが、『道(タオ)』です。


会員さんの体験談

2週間で身長が3cm伸びました!

太もも-8cm、外反母趾も良くなりました!

プロフィール

brainyogazeze

Author:brainyogazeze
イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
(京阪膳所本町駅 徒歩1分)
TEL 077-524-9050

♪ レッスン時間 ♪
(火) 10:00/14:00/19:00
(水) 10:00/14:00/18:30
(木) 10:00/   /19:00
(金) 10:00/14:00/19:00
(土) 10:00/14:00
(日) 10:00/14:00

定休日 月曜日・祝日

✉ brainyogazeze@yahoo.co.jp
HPはこちら

P 1台あり

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

最新記事

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。