FC2ブログ

3大勉強

気功やヨガや太極拳、その他、今ではいろんな身体技法があります。
そして、需要に対して供給が多くなり、一種、価格破壊が起こっているとも言えます。

町中の気功教室で習っていた時、動作は教えて貰えますが、
その背景にある、原理・哲学・理論について教わることはありませんでした。
かいつまんで言うと、会費が安いところでは、自分が知りたいと思っている
本当のことまでは学べないというのが結論でした。

それで、気功の先生を教える気功の先生のところに行きました。
そこに原理と理論がありました。
原理や理論を教えられる先生は数少なく、受講料も高いのは当然でした。

イルチブレインヨガの会費は高いと言われることが多いのですが、
ここには最初から原理があり、
12年間、気のトレーニングをしている人から見れば、
破格の値段設定だと思います。
原理にはそれだけの付加価値があります。
それだけ教えられる人が少ないというのが現状です。

気功で原理を学んでいた時、
そこでは原理を理路と呼んでいました。
理の路といういうことです。
理路と練功を生活の中で合わせていくようにと。

TAO(道)という原理の中に、3大勉強のお話があります。
原理勉強 修行勉強 生活勉強
気功で教わった原理と同じでしょう?

そういう意味でも原理は1つだと言えます。

原理勉強とは、原理を知識として学び記憶することです。

修行勉強とは、トレーニングの際、指導者が話すメントー通りに
自分に集中してトレーニングをすること。メントーは原理です。
原理を自分の体に使ってトレーニングすること。
そうすると、体が変わります。心が変わります。
その体感を積み重ねることです。

生活勉強とは、原理を使ってトレーニングで自分自身が変わる
体験を積み重ねていくと、日常の中で、自分自身に原理を使って
脳統合し、なりたい自分になること。
観察者の意識を持って現実に関与し、現象を変えていけるようになること。

ビジネスで成功している人たちの行動(仕事)が早い理由

ビジネスで成功している人たちが口を揃えて話されることは、
最初は、動いて動いて動きまくって、たくさん仕事をする。
小さな TO DO をたくさんする。
「それをしたから、今では人の何倍も早く仕事ができるようになった」と。

同じ体験を私もしました。

時は2012年4月のある日。
新しく赴任された地域の先生と最初の面談の日でした。

私 「来年1月から社会人指導者になります」
地域の先生 「社会で重宝される人はどんな人かわかりますか?」

指導者だから、当たり前のように原理の内容が出てきます。
正直な人、誠実な人、責任感のある人・・・。
そのどれも違いました。

答えは、「私がお茶がほしいなと思ったら、さっとお茶が出てくる人です」
そう、「気配りができるひと」が答えでした。
当時の私は空気も読めない人でした。
気配りはその上を行くのですから、わからないのも当たり前。
気配りがわからないというのは、自分ができないこと。
「少しでもできるようになりたい」と脳統合すると、すぐに
「そうだ、仕事はホテルの配膳をしよう」と決めました。

そして翌年1月2日からホテルの配膳業務に就きました。
そこは・・・「戦場」でした。
言葉を変えていうなら「忙殺」の世界でした。
考えている暇などありません。
とにかく今、するべきことをただするだけ。

そうして戦場を駆け抜けた後、私は空気が読めるようになっていました。
気配りとはどうすることなのかもわかっている自分に変わっていました。

先日、久しぶりに家族と買い物に出かけたとき、
私は人の2~3倍、脳の情報処理が早くなっていることに気づきました。
気づくスピードが桁違いに速いんです。

現在は居酒屋で仕事をしていますが、仕事が早いと言われます。

考える暇もなく、大量の仕事を次から次へとこなす。
それを続けると、否定的な考えと感情がなくなることに気づきました。
体は考えと感情で作られます。
考えと感情がいっぱいであると、体は動きません。
逆に観念が少なくなると、体は軽くなり、
今するべきことに集中してできる様になるから、人より仕事が速くなります。

律呂(ユルリョ)

律呂は宇宙のリズム。
全てのものはこの律呂から生まれたと言われています。

そして律呂は私たちの脳幹にあります。

2014年12月5日
あるトレーナー先生のトレーニングを受けた時に不思議な事が
起こりました。
103回の早い丹拝功(バウ・メディテーションのこと)をしている時、
心と体の位相が変わり気の世界に入ったことでした。

通常、心と体の位相が変わるのは、気功のようなゆっくりとした
動作を繰り返し行うことで可能になります。
早い動きでは決してそのようなことは起こらない。
でも現実、私は体験した。
気功のさまざまな体験とひとつひとつ照合して
たった一つだけ可能にするものがあることに気づきました。

それは気運。
気功の先生は、練功を始める前にエネルギー場を作ります。
それと同じようなことがあったのではないかと。

この体験によって、2011年のことを思い出しました。
O先生が、私たちの地域を見てくださっていた1年、
私には不思議なことが立て続けに起きていました。
ただ、スタジオを掃除しているだけなのに、
見える世界に見えない世界がオーバーラップしたかと思うと、
見えない世界からの情報をキャッチしていました。
そんなことが日常茶飯事に起こっていました。

この2つの出来事から、2人の先生の心が作り出す気運の中に私が
入っていたので、そのような不思議な事が起きたのだろうと。

律呂から生まれる気運。
具体的には律呂から生まれる純粋な心から気運は生まれる。

律呂の体律体得、それによって律呂の体現者となる。
これが2015年のビジョンとなりました。
そのためのトレーニングは丹拝功であり、
その原理は天符経。

律呂から天符経は生まれ、
律呂が天符経の最初の“一(イル)”であり、最後の“一(イル)”であり
それは、“ハン”であること。

※天符経(チョンブギョン)81文字からなる宇宙創成の根本原理
※“ハン” たった一つのところ 魂が生まれ還るところ
       始まりもなく終わりのないところ

自己実現

脳統合を整理していくと、私たちは生きているこの世界で
自己実現するために生きていることがわかる。

脳統合とは、「決意すること」。

私たちの心がそう決意すると、そのような脚本が出来る。
脚本通りに主人公を演じ、
ドラマの収録が終わったらそれを観て確認する。

今、生きているこの瞬間に、
脚本家と、ドラマの主人公と、観客の3役をする。
それが「私」という生命体。



ホテルの和宴会の配膳をしていた時、
「おねえさん(上の人をこう呼ぶ)、何をしたらいいですか?」と聞くと、
必ずといっていいほどこの答えが返ってくる

「自分で考えて行動して下さい!」と。

でも、「おねえさん、次、何しましょうか?」と聞くと、
すぐ指示を与えられる。

この2つの言い方の違い。
前者は、指示待ち族でやる気を感じさせることがなく、
後者は、仕事に対しても前向きな意欲を感じる。

脳統合もこれと同じで、
「1年に1回、旅行に行けますように」では脳統合できない。

「1年に1回、必ず旅行に行く」
これは、決意することなので脳統合し、そのような自分になる。

脳統合は、なりたい自分になるための方法。
それこそが自己実現。

情を越える②

「情を越える」という体験がなかったS先生(気功の先生)は、
その後、情を越えることが出来たでしょうか。

情を越えることは、感情を越えること。

でも、私たち日本人は、感情を出せなくなっています。

怒ったらいけない。
泣いたらいけない。
悲しんではいけない。

そうして感情にふたを閉めて生きています。

だから、感情を出すことが苦手です。
感情を出す時、恐れがでます。

人間、怒るときには怒る理由があり、
悲しむときには悲しむ理由があります。

その理由を感情と共に吐き出したとき、
感情を出し切ることができ、
その時、本当の「わたし」の想いに気づきます。

顕在意識と潜在意識は 1 VS 99 と言われているように、
本当の「わたし」の想いは、顕在意識の私の想いとは
比べ物にならないくらい大きなものです。

それがわかると、潜在意識の「わたし」が自分の人生を
創造している創造主であることがわかります。

「皿まわし」の効果

「皿まわし」エクササイズを、一日多ければ
右300回、左300回、両手300回・・・計900回しました。

期間は21日間。
その後も、皿まわしは続けています。

最初の頃は腰痛が治りました。
どれぐらい前からでしょうか、股関節が柔軟になり、
骨盤が締まるようになりました。

今は歩くとき、股関節・骨盤がとても軽いです。
骨盤が締まっている感じがあり、
膝と膝の内側を擦って歩くようになりました。
意識は常に股関節、骨盤、丹田にあり、
気運があがりにくくなりました。

そうすると、精神的にも変化が出て来ました。

例えば、社会で働いている人であれば、当然、苦手な人がいたり、
何故か一緒にいるだけでも嫌な人がいるものです。

「苦手なあの人にこんなことを言われた」とずっと気に病んでいたり、
反対に、「何よあの人!ムカつく!」と怒り続けることはないでしょうか?

会員さんにもお話したのですが、その時、
自分の大切な時間、エネルギーをその人に奪われているのです。
私たちは生まれた以上、嫌でも死に向かって生きているわけです。
それだけは避けて通れない。
生きている間のとっても大切な時間を、自分のエネルギーを
私自身のために使うのではなく、他人に使って老化を早める。
そんなバカなことはないでしょう。

私たちのトレーニングは、自分に集中するトレーニングと言います。
自分に集中するということは、自分の体に集中することです。
丹田リズム体操なら、丹田の感じに集中する。
丹田が熱くなるようにしっかり叩くことに集中する。
集中している時は、考えも感情もないので、早く丹田が熱くなります。

考え感情が止まれば、丹田は自然と熱くなる。

その時、全体を見る(感じる)ことができ、
今、自分が何をするべきかが自然にわかるようになるようです。

人のことをむやみに心配したり、気遣ったりするのでもなく、
その人が、今、してほしいことがわかり、それが自然とできるようになる。

本当の思いやりと気配り。
自分に集中する練習を積み重ねると、このことが自然にできるようになるようです。

情を越える

今から9年前、気功教室に通っていた時、すでにこの言葉は聞いていました。

「人間、最後は情を越えなくてはいけないと言われています」

私は「どんな意味ですか?」と先生に聞きました。

先生は「私にもわからない。だって体験がないから」

その時、心の中で怒りが出ました。
「体験がないことを人にしゃべってはいけないでしょう!」と。
意味がわからないことをそのまましておくことが絶対に我慢できない私は、
この怒りで統合しました。

「その意味を絶対わかるようになってやる!」

上手く脳統合できたので、今、ここにいるのだと思います。




全ての人は脳を持っています。
脳のない人はいません。
脳があるのであれば、全ての人は悟れるようになっていることを
私は今、知っています。

その最後の関門が「感情」。

私たちトレーナーも感情の問題に悩まされます。

感情が出ているとき、私たちは「わたし」から離れています。
大事な時間もエネルギーも、感情の対象(人や出来事)に
奪われていることに気づきません。

「情を越える」特効薬があるとすれば、私は一つだけ知っています。

それは「死」です。

でも、日本人は「死」を話すことさえ忌み嫌う民族のようです。
今、いろいろな問題が起こっている背景の原因の一つとも言われています。

私たちの体のある部分は、4日後、私はまだ生きているのか、
死というお迎えが来るのかを教えてくれる箇所があります。

「死」をつきつけられたとき、私たちの意識は自分に向かいます。

死と向かい合うとき、私たちは自分の根っこ(自分のいのち)と
つながります。この時に出てくる感情があるとすれば、
それは慈悲。

今、「情を越える」というテーマに取り組んでいます。

精充・気壮・神明体験

バウメディテーション300回していた時の体験。

1回1回、骨盤を自然に締めながら丹田から立ち上がれた。
その後、丹田に熱感が出てきて、
ゴルフボールより一回り小さいボール(丹田)の感じがあった。
(精充)

200回が終わる頃、胸がエネルギーでいっぱいになり、
このエネルギーを使いたくて仕方がなくなった。
なぜか、笑いが自然で出てきて、声に出して笑いたくなった。
(気壮)

最後の100回は、1回1回、天に向かって志を立てる時間にした。
志を立てるとき、とてもすがすがしく、
こんな感じで目標に向かえばいいのだとわかる
(神明)

皿回しをずっとしてきたおかげか、開いていた骨盤が締まるようになった。
すると、日常の中でも骨盤に意識が向けられるように変わった。
骨盤が締まるとエネルギーが漏れなくなり、意欲が出てくるようになる。

反対にいつも骨盤が開いていると、エネルギーが漏れて無気力になる。

骨盤の状態でこんなにも私たちの体は変わる・・・。


気功トレーニング

夜、一指気功を始めてしました。

八式の動作からなる簡単な気功なのですが、
すぐに瞑想状態に入れました。

終わった後は、精神が落着いて満ち足りた感じがあります。
練功(気功の練習のこと)後、このような感じになることを
「今日の練功が成就した」と言います。

気功をすると人生の門が開くと言われます。
ブレインヨガでは、「運気する」と言います。
自分の体の中のエネルギーの流れがよくなると、
現象(現実世界)にも同様のことが起こります。
物事がスムーズに運ぶようになります。

会員さんの体験談

2週間で身長が3cm伸びました! 5年間の分かち合い

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

brainyogazeze

Author:brainyogazeze
イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
(京阪膳所本町駅 徒歩1分)
TEL 077-524-9050

♪ レッスン時間 ♪
(火) 10:00/14:00/19:00
(水) 10:00
(木) 10:00/   /19:00
(金) 10:00/14:00/19:00
(土) 10:00/14:00
(日) 10:00

定休日 月曜日・祝日

✉ brainyogazeze@yahoo.co.jp
HPはこちら

twitterはこちら

P 1台あり

最新記事

カテゴリ

リンク

ご来店ありがとうございます☆