FC2ブログ

エネルギーを感じてみましょう

035609.jpg

「気感がない気功は、気功ではない」と、よく言われますが、

この気感には、2つあることについてはあまり語られることはないようです。

例えば、ハイキングに行って自然のエネルギーを感じる。

絵画を見て、画家が絵に込めたエネルギーを感じる。

「書(文字)」から、作者の心(エネルギー)を感じる。

パワーストーンのエネルギー(パワー)を感じる。

イルチブレインヨガのトレーニングでは、手から出ているエネルギー(オーラ)を感じるエネルギー瞑想の時間があります。

このように、「気」を感じるというと一般的には、生きている生命、あるいは物質から出ているエネルギー(オーラ)を差していることが多いように思われます。

自然界に存在しているもののエネルギーを感じたり、

人の創作物からその人の心(エネルギー)を感じるとき、

私たちは、自分と全てのものとの境界線がなくなり、ひとつになった感じを感じることができます。

ほかに、自分にやさしくなれる、

今、この瞬間生きていることに、呼吸をしている自分に感謝の気持ちが溢れてきたり、

この身、このままで自分はもう既に赦されているのだと気づいたり、

エネルギーを感じることで、ありのままの自分に戻っていくことができます。

しかし・・・エネルギーはもう一つあります。

それは、体の中を流れている生命のエネルギー。

このエネルギーの特徴は、ピリピリする感じ、ジンジンする感じ・・・のように物理的な感じがあります。

前者は、リラックスが深まっていく体感があり、

後者は、逆に目が覚めるような体感があります。

このように、私たちのエネルギーにも陰陽があります。

左手が生きている生命の世界の象徴(陽)であり、

右手は見えない世界の象徴(陰)であり、

両手を合わせる(合掌する)と、心の中に安らぎが生まれます。

今、生きている私と、命をつないて下さったご先祖さまとつながり、

また、生きている私と、この生命を創造した宇宙とつながることができます。

イルチブレインヨガのトレーニングは、エネルギーを感じる感受性を高めるトレーニングです。

自分に対してやさしくなれると、周囲の人にもやさしくなれます^^

(性格が)丸くなったね、何か感じが変わったねとよく言われます。

騒がしい(忙しい)情報社会から、本来の自分を取り戻してみましょう。

体験は随時受付中♪

お問合せ・体験のお申込は TEL 077-524-9050
イルチブレインヨガ膳所スタジオまで
滋賀県大津市膳所2丁目1-8(京阪膳所本町駅徒歩1分)

偏差③ 気の壁が壊れる

偏差①  偏差②

偏差で一番多い症状が、「気の壁が壊れる」ことだと前回、そこで終わりました。

「気の壁」というのは、オーラのことです。
気功では、衛気(えき)と言います。

先にオーラ(衛気)がどのようにして作られるのかを簡単に説明してみます。

私たちの肉体を維持し、健康であるためには「精」というエネルギーが必要です。
「精」は2つのエネルギーから作られます。
1つは、天のエネルギー(呼吸)
1つは、大地のエネルギー(食物)

天と地のエネルギーで作られた「精」は、中丹田で生成され気となります。
微細な気は、体の中を流れる生命エネルギー=営気(えいき)となり、
荒々しい気は体の外に出て、環境の刺激が直接人体に影響を及ぼさないようにクッションの役割をする衛気(オーラ)となります。

では、この衛気が壊れるとはどういうことなのでしょうか。

気功は最初から内部意識に入っていくのだと前回書きました。
私たちの体は、日常の中を過ごしているときは、とても緊張しています。
そのために、時間をかけて体と心をほぐしゆるめていきます。

その過程で、
・日常の中で忙しく動いている左脳の活動が止まり、右脳が優位となります。
・心と体が(淡くても)合わさることで、位相が変わります。
・交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態に変わります。
・心と体がほぐれることでリラックスが深まり、オーラが広がります。
・これらによって、無意識に作られた社会的身体(ヨロイ)が脱げます。


練功の時間は、ずっとこの状態でいるわけです。
合宿に行ったなら、期間中、このような非日常の体でずっと過ごします。

ですから、気功の練習が終わったなら、合宿から帰る時には、非日常の体から日常の体に戻らなくてはいけません。

日常の体は、
・理性判断が活発な左脳が優位の状態
・交感神経が優位の状態(危険から身を守るために必要)
・自分が社会の中で生きるために自ら作った社会的身体(ヨロイ)を着る。


この状態に戻る必要があるわけです。

気功では、収功(しゅうこう)と言って、気を収める動作をし、練習を終えるのですが、収功の時間は1分も行いません

収功に失敗して、非日常の体から日常の体に戻れなくなると・・・人体と環境の間にあってクッションの役割をしている衛気(オーラ)が広がりすぎていることで、人体を守れなくなり・・・それで起こるのが電磁波過敏症です。

コンビニやビルの中に入ることさえできません^^;

「気の壁が壊れる」ことで、電磁波過敏症になる偏差のことを身体的偏差と呼んでいます。

身体的偏差をどのように克服したのでしょうか。


偏差は病院に行っても治りません。
自分が習っている気功の先生も治す方法を知りません。
(ご自身の指導が原因であったとしても)

最後に訪れたのが、津村先生のところでした。
週に1回、津村先生のの気功教室に通うようになって11ヶ月が経つ頃、


ふと、思ったのです。
「何故、津村先生のレッスンを受けると体が緊張するのだろう?」

この緊張は嫌な緊張ではなく、とっても心地良い緊張でした。

心の中はゆるんでいる。 でも、体には心地良い緊張がある。

瞬間、「あ!これがファンソンなんだ!」と。

体が覚えたことに対して頭の理解がついた時、これまで離れていた社会的身体(ヨロイ)が一気に戻ってきました。
「ヨロイとは、上手く言ったものだ・・・」
何故なら、10キロ以上の甲冑をいきなり着込んだ感じがあったからです。
自ら作り出したヨロイなのに、なじむまでに丸1日かかりました。
その間、体がスムーズに動かなくて、ロボットのようにぎくしゃくした感じで動いていました。

「気功は、ゆるむことだ」と教わって、そのようにした為に起こったとも言えます。

気功はゆるむことではなくて、「日常の緊張を自らゆるめていくことでファンソン状態を構築していくこと」それが、とても大切なことだったわけです。

気功教師の言葉ひとつで偏差になってしまう・・・。


長くなりましたが、自称偏差の大名人がイルチブレインヨガを体験した日、本当にびっくりしたことがありました。
私たちは、普段、整理体操と言っていますが、この整理体操が非日常の体を日常の体に戻していく画期的な?ものでした。
初めて体験したのに、何故、この順番でする必要があるのか手に取るようにわかりました。

整理体操は、体の感覚を取り戻し、交感神経のスイッチを入れて日常の体に戻す、それが順序よく組み立てられていました。

そして、イルチブレインヨガのインストラクターは、体験に来られた方を、会員さんを、非日常の体で帰すことは絶対にありません。
だから、イルチブレインヨガは偏差と無縁、偏差ゼロの実績を作り出すことに成功しているのだと思います。

次回は、精神的偏差(入魔)について


偏差②

偏差①

「瞑想は自分の内部意識に深く入っていきます。
この時、体と心は(淡くても)1つになっています。
内部意識に深く入っている時に、強い刺激(音など)を受けると、
びっくりして心と体がバラバラになるという恐い偏差にかかります。
そうすると、以降、内部意識に入ることが恐くなり、瞑想できなくなります。


今日は、青文字の部分について

①どのような体験をし、
②どのように克服したか

について触れていきたいと思います。

10年以上前、ある公民館の気功教室に通っていました。
2階の大会議室が会場でした。

気功は、最初から内部意識に入っていく練習をします。
でも、最初は体の緊張をほぐすことから始めます。
それを、予備の動功と言います。
体をほぐす予備の動功の中で、いつも騒がしい左脳の活動が止まっていき、
右脳が活性化していきます。
この時、(心と体が一つに合わさって)心と体の位相が変わり、自然に気の世界に入り、豊かな気の体験をします。

そのようにして、心と体が合わさっていったとき、
スリッパを鳴らして階段を駆け上ってくる音がしました。
瞬間、心と体がバラバラになると同時に「嫌だ!」と思いました。

その足音から、「遅刻した!早く行かなければ!」というその人の息遣いと焦る心を感じたからです。

後にこの体験談を津村先生にお話した際、
(気功教師に対して)一括することを話されました。

気功においては、遅刻者に対して毅然とした態度を取る必要があるというものです。

つまり、遅刻したら入ってはいけない(帰らないといけないということではありません)

これはどういうことかと言いますと、
遅刻した場合、自分の息遣いはどうでしょうか?
とても荒いですね?
まず、呼吸を整える必要があります。
そして、頃合を見計らって、会場内のエネルギーを乱さないように、そっと入ることが大切です。
息を分解すると、自+心。 呼吸は自らの心であるという意味です

何故なら、扉の向こうで練功している人たちは、日常の体ではないのですから。

心と体がバラバラになってしまった後、どうなったのでしょうか?
いつも遅刻するその人が来る土曜日の教室に通うことが怖くなりました。
気功の練習が出来なくなりました。
2週間、3週間経ってようやく、恐々少しづつ練習が出来るように試みたものの、前のように内部意識には入れなくなりました。
それで、その人が来るまで外部意識でいることを自分に許し、その人が来てから内部意識に入るよう試みて、次第に元に戻ることが出来るようなりました。

その間、3ヶ月という月日がかかりました。

3ヶ月で元に戻るのは、まだ偏差でも軽い方です。

一番多い偏差は、気の壁が壊れることです。

気功の世界とイルチブレインヨガがどのように関係していくのでしょうか。
しばらくは、気功の不思議な世界を味わって頂けたらと思います。


イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8(京阪膳所本町駅徒歩1分)
TEL 077-524-9050

偏差(へんさ)①

瞑想のやり方❤効果 の「瞑想する時の注意点」として、

「瞑想は自分の内部意識に深く入っていきます。
この時、体と心は(淡くても)1つになっています。
内部意識に深く入っている時に、強い刺激(音など)を受けると、
びっくりして心と体がバラバラになるという恐い偏差にかかります。
そうすると、以降、内部意識に入ることが恐くなり、瞑想できなくなります。」

と、書きました。

では、
① 偏差(へんさ)とは一体何なのでしょうか?
② どのような体験をし、
③ どのようにそれを克服したのか。

偏差は、気功の用語です。

偏差を、「(練功による)予期しなかった学習結果」と定義されたのは、
文筆家・料理研究家・気功家の津村 喬氏です。
気功愛好家であれば、津村氏のことを知らぬ人はいないでしょう(大先生ということです)。

気功の本には、偏差のことを走火入魔(そうかにゅうま)と書かれています。
体には火が走り、精神は魔に入る。
何とも恐ろしい・・・ですね。

イルチブレインヨガのトレーニングは、古代仙道と最新の脳科学が
1つになった新しいトレーニングですが、仙道の要素が入っているので、
「偏差」という原理は実際にあります。

しかし、イルチブレインヨガの偏差の定義は、
水昇火降(すいしょうかこう)の反対」となっています。
水昇火降については、こちら のページに説明があります。
私たちの体は、水昇火降という自然と同じエネルギー循環が出来ている時、
健康だと言われます。偏差はその反対というのですから・・・、
つまり、不健康な状態ということになります。

しかし、気功の世界における偏差は、「不健康な状態」では済まされないほど難しい問題なのです。
この記事を書いているスタッフ先生は、気功出身で・・・
自称「偏差の大名人」と名乗っているほど、たくさんの偏差にかかり、
それを克服してきました。

そして・・・、イルチブレインヨガと出逢った時、こちらはナント!
偏差とは無縁の世界でした・・・。
偏差という用語を知っている会員さんはいないと思います。
何故なら、そのような言葉を聞くことはないからです。

何が一体偏差という症状をつくり出しているのでしょうか。

体験したことを少しずつ明かしていく前に、先に
② どのような体験をし、
③ どのようにそれを克服したのか。

それについて、書いていきたいと思います。


イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8(京阪膳所本町駅徒歩1分)
TEL 077-524-9050







瞑想のやり方❤効果

gatag-00009089.jpg

❤ 瞑想する時間 ❤
夜、寝る前や、明け方の静かな時間を選びます。


❤ 瞑想する時の注意点 ❤
携帯電話の電源は切っておきます。

瞑想は自分の内部意識に深く入っていきます。
この時、体と心は(淡くても)1つになっています。
内部意識に深く入っている時に、強い刺激(音など)を受けると、
びっくりして心と体がバラバラになるという恐い偏差にかかります。
そうすると、以降、内部意識に入ることが恐くなり、瞑想できなくなります。


❤ 瞑想のやり方 ❤
いろんな瞑想関係の本には、「何か1つのことに集中すること」
と書かれています。

大脳を休めるだけのものは、瞑想とは言わないからです。

気功関係の本には、水晶凝視法や数息法などが紹介されています。
ものごとをありのままに見る(ヴィパッサナー瞑想)
自分の呼吸に集中する。
音楽(BGM)のボリュームを絞って(小さくして)、聴いているようで聴いていないような感じで音に集中する(観音菩薩の瞑想法、耳根円通)など、さまざまな瞑想法があります。

イルチブレインヨガの瞑想は、エネルギーの感じに集中する
エネルギー瞑想です。磁石を使うこともあります。
初心者向きとも言えます。

瞑想を本格的に学びたい方は、トレーナーについて学んで下さい。
その理由は、瞑想中、または普段の生活の中で、恐いと思うことが起きたとき、相談する人がいないからです。
そのために対処方法がわからなくて苦しむことになります。


❤ 瞑想の効果 ❤
瞑想と祈りは同じ効果があります。
それは、瞑想する時や祈る時、私たちは神聖なエネルギーとつながります。
神聖なエネルギーとつながることで、人生にポジティブなエネルギー変化が
起きるので、私にとって必要なことがどんどん起こり始めます。
(シンクロニシティー)


❤ 祈り(おまけ) ❤
祈る時の時間は決まっていません。
歩きながらでも祈れます。
ポイントは、私の心と私の願いを完全1体化して祈ることです。
瞑想も祈りも出来れば20分以上行います。
それは、エネルギーが集まって動くまでに20分は必要だからです。

私の心と私の願いが完全に1つになった時、見えない世界とつながります。
その時、自分の願望を告げます。何度も何度も・・・。

出来れば、見えない世界からあなたの願いが叶ったという合図を受ける
その時まで祈ります。合図は知っている限り3つあります。
(合図=体の変化 必ず現象化する時に現れる体感)

①完全一体化している対象(願い)から心がスッと離れる
②もうそれ以上、対象(願い)にエネルギーを集められなくなる
③何故かわからないけれど、感謝の涙が出る

これらの変化が起きたとき、感謝の祈りに変えます。
「私の願いを叶えて下さってありがとうございます」

そして、忘れます。


エネルギー瞑想は、一般クラスで体験することが出来ます。

体験は随時受付中♪

お問合せ・お申込は TEL 077-524-9050

イルチブレインヨガ膳所スタジオまで
滋賀県大津市膳所2丁目1-8(京阪膳所本町駅徒歩1分)

金持ちになるための科学

書店に行くと、『ザ・シークレット』 などの引き寄せの法則について

書かれている書籍をよく目にします。

私たちのトレーニングでも、引き寄せの法則についてよくお話することがあります。

何故なら、物質を引き寄せる力は、体の中心である丹田にあり、

心の中の感情・・・喜びからは喜びが生まれ、感謝からは感謝が生まれ、

脳は自分の願いを、一元論・・・宇宙に存在するたった一つの思考する

物質に伝えることが出来るからです。


ここに100年前に、既に「金持ちになるための科学」

現代の成功本の元になった古典があります。

『ザ・シークレット』の映画でも引用され、この本が流行ったことで、

再編集本が出ています。



この本が出版される1年前、セルフイメージを変える自己啓発プログラムを

入手した際、原典「金持ちになるための科学」を手にする機会を得ました。

私たちのヨガをすると、体と心と魂の感覚に目覚めます。

この3つの感覚を目覚めさせることが引き寄せの法則と関係している部分を

本書からご紹介したいと思います。

『われわれの生きる上での目的は、3つあります。体、心、魂が、われわれの生きる上での目的です。この3つは、どれも等しく重要で、等しく神聖なものです。どれも同じくらい価値があります。

もし、この三つのどれかが、十分に人生に生かされず、うまく表現されていなければ、この三つ──体、心、魂──は、どれ一つとして、十分に生きることはできません。

心や体を否定し、魂のためだけに生きるのは、正しいことではありませんし、高貴なことでもありません。体と魂を否定して、心のためだけに生きるのは間違いです。

心と魂と否定して、体だけのために生きればどうなるか、その忌々しい結末については、だれでも想像がつくはずです。

リアルライフ(本物の人生)とは、体・心・魂を通じて、この三つのものを完全に表現することを意味します。

(金持ちになるための科学/ウォレス・D・ワトル著/www.psycho-cybernetics.com/ Psycho-Cybernetics Foundation.Inc & Direct Publishing.Inc.より)』

イルチブレインヨガが、体と心と魂、この3つのものを表現できるようになるのは、

体の中心である丹田を鍛えること

心の感覚、エネルギー感覚を高めることにより、

意識が魂・・・スピリチュアリティーに目覚めて行くことが可能になるからです。

「わたし」の本当の人生は、ここから始まります。

風邪を引いてしまったら!!

みなさん、風邪は大丈夫でしょうか?

今年の風邪は、長引くのが特徴のようです。

特に咳がひどく、夜中、体温が上がる頃に咳き込んで眠れない日が

続きます。

kaze.png


風邪の予防には、手洗いやうがい、

首の骨が出っ張っているところ(大椎)から下や、仙骨をカイロで

温めるのも効果的です。

でも、もし引いてしまったら・・・

・よく休むこと

・胃にやさしい食事を摂ります。

食べたくないときは無理に食べないようにします。

呼吸器(肺)を助ける臓器が胃なので、

胃に負担をかけない食事をすることが風邪を早く治すことになります。

また、咳が出るときは、テレビ・パソコン・読書などで目を使わないこと。

目を使いすぎると神経が刺激され、咳が出てくるからです。

風邪を引いた後の体は元気が回復されるだけでなく、

心理的なストレスの解消にもなっています。

風邪を引いたら体を温めてよく休み、無理をせず、

上手に経過させることが大切です。

お医者さんに頼らない健康法

昔、どこかで聞いたお話です。


ある釣り人のところに、旅人が近づいてきました。

そしてこう言いました。

「ここ1週間何も食べていないのです。魚を分けて貰えませんか?」

釣り人はどうしたのでしょうか?

釣り人は、魚をあげませんでした。

旅人に魚をあげるのではなく、魚の釣り方を教えたのでした。


旅人にとって、本当に大事なものは何か。

一時の食料ではなく、自分で食料を確保する方法と知恵です。


イルチブレインヨガの健康法は、

時には病院のお世話になることはあっても、それに依存せず、

自分で自分を治せるようになる健康法です。


心と体はひとつ

心理学の世界では、カウンセラーはクライアントの状態によっては、

他機関を紹介したり(リファーしたり)、薬物療法が必要な人には、

カウンセリングだけでは対処が難しいので、医療機関と連携を取るとされています。

気がついてみると、気功やヨガに限らず、

世の中にはさまざまな身体技法がありますが、

そのどれも、医療機関と連携はありません。

連携しようにも、西洋医学は病気という結果に対してのアプローチなので、

東洋医学のように心と体を一つとして捉える習慣がないことが

問題なのかもしれません。


ある人が、股関節が痛くなって病院に行くと、

お医者さんは、「安静にするように」と言われました。

私たちトレーナーは、その話を聞くと、

股関節が痛くなったのには必ず理由があるので、

最近、どのように過ごされてきたかをお聞きすることがあります。

足に合わない靴を1日我慢して履いただけで、股関節だけでなく

腰まで痛くなることがあります。

靴が原因でなければ、体に負担のかかる動作がなかったかどうか、

最後は、その人に「今、何かが起きていて」

それが原因でストレスが溜まり、そのストレスから出てくる感情が

体を痛めつけます。

走れない、歩くことも難しいぐらいに股関節に問題が生じた場合、

(自身の体験からみても)ストレスから生じるマイナスの感情が

体内で増幅したことが主たる原因であることが多いのです。

ストレスとなっている根本的な問題を解決しない限り、

股関節の痛みは続き、ご本人が苦しみます。

イルチブレインヨガは、人の心と体は一つ(心身一如)として捉え、

心の問題を、体を通して解決していくアプローチをします。

一人ひとり、ストレスの原因は違います。

みんなと一緒にトレーニングしならが、都度、一人ひとりに対して

個人ケアをさせていただくことで、ご自身のストレスの原因と向き合い、

ストレスを解消して健康を回復していけるよう指導させて頂いています。


体験は随時受付中♪

お気軽にお電話ください

TEL:077-524-9050

イルチブレインヨガ膳所スタジオまで

デジタル・デトックス

インターネットで面白い記事を見つけました。

デジタルデトックス・キャンプ~オフラインになって自分を取り戻すストレス・マネジメント術

デジタル・デトックスというのは、情報絶ちのことです。

私たちは今、情報社会の中で生きていて、

気が休まる時間がありません。

携帯、パソコン、テレビ・・・などなど、一日中情報と接しています。

脳は常に興奮状態にあるので、それで夜寝られない人が増えています。

実は、情報を絶つことで心と体を癒す方法は古来から伝わっていました。

儒教では「復七期(ふくしちき)」という方法があったそうです。

自分を日常の忙しい世界から、気場の良い場所に隔離し、

七日間、自分の心と体を見つめる形なき気功法のことだと教わりました。

情報から自分を隔離して静かな時間を過ごす、

記事にも書かれていますが、それだけで五感や身体感覚が研ぎ澄まされ

ありのままの自分を体験し、

「今ここで起きていること」に集中し、

マインドフルネスを体験することが出来ます。

私たちは、五感や身体感覚が研ぎ澄まされたとき、

チャンス(好機)を掴むことが可能になります。

光の速度で動く必要があるとき、その機会を逃すことなく、

光の速度で動き、チャンスを掴む。

やみくもに動いても結果が出ない時は、

「急がば回れ」「急いては事をし損じる」ということわざを

思い出してみるのもいいかもしれません。

気功教室に通う、ヨガ教室に通う、瞑想会に参加するなどは

日常の中の、プチ・デジタル・デトックスと言えるでしょう。

いろんなことがあり過ぎて疲れを感じたとき、

今いる日常から少し離れてみませんか?

イルチブレインヨガのレッスンで、プチ・マインドフルネスを

体験することができます。

心が豊かになると、朝、起きたときから幸せを感じることが出来ます。

気が向いたら、スタジオにLet's Go!

いつでもお待ちしております!

会員さんの体験談

2週間で身長が3cm伸びました! 5年間の分かち合い

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

brainyogazeze

Author:brainyogazeze
イルチブレインヨガ膳所スタジオ
滋賀県大津市膳所2丁目1-8
(京阪膳所本町駅 徒歩1分)
TEL 077-524-9050

♪ レッスン時間 ♪
(火) 10:00/14:00/19:00
(水) 10:00
(木) 10:00/   /19:00
(金) 10:00/14:00/19:00
(土) 10:00/14:00
(日) 10:00

定休日 月曜日・祝日

✉ brainyogazeze@yahoo.co.jp
HPはこちら

twitterはこちら

P 1台あり

最新記事

カテゴリ

リンク

ご来店ありがとうございます☆